ポケットWIFIのメリット・デメリット

ポケットWIFIを使うことで、電波の範囲内であればどこでもインターネットができるようになります。
ポケットWIFIに接続できる端末は、ノートパソコンやスマートフォン、タブレットはもとより、PS4や3DSなどのゲーム機でも通信することができます。

ポケットWIFIを上手に利用することで、
通信費を節約することができます。
例えば、家族で1つのポケットWIFIを使うことで、
それぞれの通信費を節約することができるでしょう。

それにポケットWIFIは光回線のように工事を必要としないので、
工事費も節約できますし、ポケットWIFIが届いた日から使い始めることができるため、
すぐにインターネットをしたい人にもおすすめです。
<ポケットWIFIのデメリット>
ポケットWIFIは光回線やADSLに比べると、
通信が安定しないという欠点があります。

ただ、スマホやタブレットなどの機器が登場したことから、
ポケットWIFIの利用者も増え、それに伴ってポケットWIFIの通信も安定するようになりました。
ですから、以前は光回線のついでにポケットWIFIを契約される人が多かったのですが、
現在では光回線を契約せずにポケットWIFIだけを契約するという人も増えてきました。

ポケットWIFIのみを契約する人が増えてきた背景としては、
ポケットWIFIの通信の質が向上したことが上げられます。
このように、光回線と同じ品質になってきたとはいえ、
劣っているところもあるので注意するようにしましょう。

例えば、通信量の制限があります。
一般的な光回線であれば、原則的にはいくら通信してもよいのですが、
ポケットWIFIの場合は、会社によっては異なりますが、
多くの場合、通信量の上限が設けられており、
動画共有サイトなどを毎日見ていると制限に達することになります。
制限に達すると通信速度が著しく遅くなるため、
よく動画サイトを見る人は注意するようにしましょう。