ポケットWIFIの回線の仕組み

イーモバイルなどのポケットWIFIなどの回線の仕組みについて簡単に説明しようと思います。
通常、家庭で使うインターネットの場合は、フレッツ光などの回線のほか、
プロバイダーと呼ばれるところと契約する必要があります。
ですが、ポケットWIFIの場合ですと、無線ですので、フレッツ光などの回線と契約する必要がありません。
いわばイーモバイルがプロバイダーと言ったところでしょうか。
イーモバイルと契約するとポケットWIFIが送られてきます。
このポケットWIFIを使ってインターネットをするわけになります。

ポケットWIFIはスマートフォント同じくらいの大きさで、
パソコンやタブレットなどの複数の端末でネットをすることができます。

ポケットWIFIのメリットの1つとして、
ポケットWIFIが届いたらすぐにインターネットができるというメリットがあります。
通常家で使う固定回線の場合、回線の開通に工事が必要であったりと時間がかかるのですが、ポケットWIFIの場合、ポケットWIFIの場合届いたらすぐに使い始めることができるので、すぐにインターネットが使いたいという人におすすめです。
ポケットWIFIの届く範囲
ポケットWIFIはそのポケットWIFIから約10Mから20Mの範囲内であれば、
どこでも使うことができます。
ですから、普通の戸建て屋マンションであれば、まず電波が届かないということはないでしょう。
また、最近ではポケットWIFIであっても通信速度が速くなってきていますので、
光回線とそれほど速度での違いが見られなくなってきたので、
ポケットWIFIが遅いと思っているのでしたら、一度、家電量販店などで実際の通信速度を試させてもらうとよいでしょう。