マンションのインターネット環境について

自宅で用いられるインターネット回線は現在光回線が一般的です。
ですが、ごくわずかですが、マンションなどの場合で光回線に加入できないことがあります。
光回線ができない場合のネット接続方法はいくつか種類があります。
例えば、従来のADSLやケーブルテレビの回線、最近ですとポケットWIFIなんかも用いられています。
ただ、注意したいことにADSLは新規の募集が終了してしまいましたし、
ケーブルテレビ回線もケーブルテレビに加入する必要があるため、
ケーブルテレビに興味がなければあまりおすすめできません。
また、ポケットWIFIも長所と短所がありますので、
それぞれの短所と長所をしっかりと理解しておくようにしましょう。

 

<ポケットWIFIの長所と短所>
ポケットWIFIの長所と短所を説明したいと思います。
まずポケットWIFIの長所というのは、
持ち運びができ、どこでもインターネットができるというものです。
ですので、もしあなたたが外出先でインターネットをしようと思っているのでしたら、
ポケットWIFIはおすすめです。
逆にポケットWIFIの短所としては、
通信量に制限があることです。
具体的には、ひと月のネットを使うときのデータの通信量が多すぎると、
その月の通信量が遅くなってしまうというものです。
もちろん、会社によっては通信量制限がなかったり、
追加料金を支払うことで通信量制限を解除することができたりします。

ただ、現時点では多くの会社が通信量の制限を設けているため、
もしポケットWIFIを検討されているのでしたら、
通信量制限のないところや、ゆるいところを選ぶようにしましょう。
<キャリアアグリゲーションについての説明>
キャリアアグリゲーションというのは、周波数帯を複数使うことで、
通信を高速化・安定化する仕組みのことをいいます。
複数の周波数帯を利用することで、一方の周波数帯が通信できない状態であっても、
もう一方の周波数帯で通信できるため、通信が途切れにくいと言うわけです。
ですから、3Gのときのように通信が途切れることが少なくなります。
現在キャリアアグリゲーションが導入されているのは、
4GやLTEで導入されています。