携帯電話やスマホ、タブレットで使われているネット回線について

携帯電話やスマホ、タブレットで使われているモバイル回線は、
アンテナからそれぞれのスマホや携帯電話、タブレットに電波を届けることで、
インターネットができるようになる回線のことをいいます。

電波の範囲内であれば、自宅であっても外出先であってもどこでも利用できることが最大のメリットになります。
また、フレッツ光のように、工事も必要がなく、契約してからすぐに使えるようになるというのも利点です。

このようなメリットから、モバイル回線は一人暮らしの方に向いているといえるでしょう。
ただ、モバイル回線には欠点もございます。
それは、通信速度がフレッツ光よりも若干遅いということや、
通信量が多すぎると、利用に制限が加えられるということです。
制限が加えられると、今まで使っていた速度の数分の1ほどの速度になってしまいます。
ただ、一人で使う場合には、毎日動画サイトを見るという使い方でなければ、
それほど気にすることもないかもしれません。
<WIMAXとは?>
WiMAXというのが最近話題になっていますが、
よくわかっていないまま使っている人も多いのかもしれません。
WiMAXというのは、UQコミュニケーションズが運営している無線ネットサービスです。
WiMAXを使うことで、ポケットWIFIが送られてきて、
このポケットWIFIを使いインターネットができるようになります。

無線ですので、外出先でもつかえますし、スマホやタブレット、パソコンなど、
複数の端末でもネットをすることができます。

フレッツ光などの固定回線では、光回線とプロバイダーの2つを契約しなければなりませんが、
WiMAXでしたら、UQコミュニケーションズとだけ契約すればいいのですから、
そういった意味でも簡単に使うことができるでしょう。