WIFIの利点と欠点について

WIFIを利用することのメリットとして、無線でインターネットができるというものがあります。
WIFIは家でも設置することができますし、
外出先のWIFIスポットを利用すること利用することもできます。

家でWIFIを利用する場合にはネット回線があることが必須になります。
ネット回線の準備ができたら、次にwifiルーターと呼ばれる機械を準備します。
このwifiルーターを使うことで、家でもWIFIを使えるようになります。

<外出先でWIFIに繋ぐ場合>
外出先でWIFIに繋ぐ場合には、そのWIFIスポットの圏内にいる必要があり、
また、多くの場合、パスワードが必要になることが多いでしょう。
このパスワードは、多くの場合ですと、そのサービスに会員登録をすると使えるようになることが多いでしょう(場合によって異なります)
中には、有料の会員登録をしなければ利用できないWIFIもあります。
例えば、ヤフーのプロバイダーを使っているのでしたら、
オプションで外出先でもWIFIが使えるようになるオプションがあるので、
気になる人は確認してみるとよいでしょう。
<WIMAXの転送量制限について>
LTEやWIMAX、ポケットWIFIを契約するときによく聞く、
転送量規制というのは、通信しているデータの多さしだいでネットの利用に制限が加えられてしまうというものです。
制限の内容は会社によって異なります。
LTEやWIMAXのようなポケットWIFIの場合は、通信料が遅くなるという制限を加えるといったことが多いようです。
一方で、フレッツ光やAUひかりなどの光回線にも転送量制限はあります。
こちらの場合は、通信速度に制限を加えられるということは少なく、
転送量が多い旨のメールが来たり、電話が来ることが多いようです。